本文へスキップ

我武者羅に行こう!

2017年度

事務局
事務局長 馬場 一典



事業計画
1.総務・事務局に関する事項
趣旨・目的:規律ある会議運営と円滑的な例会運営を進める為の環境整備及びメンバーに対するサポートを行う。。
方法・手段:1)総会の運営
      2)新年交礼会の企画・実施
      3)褒章授与式・卒業生を送る会の企画・実施
      4)事務局 の管理 ・運営
      5) 各種備品の管理・資料の保存
      6)名刺・ネームプレートの作成
      7)年会費・登録料等の早期納入促進
      8)SNS等のツールを利用し、メンバー間の連絡手段の効率化
      9)シャリッとさんの管理・運営

2.広報 に関する事項
趣旨・目的: 地域に対して青年会議所活動を一層浸透させ多くのJCファンを作る為の効果的な広報活動を展開する
方法 ・手段:1) 対外紙の作成・発行
       2) JC要覧の編集・発行
       3) ホームページ・フェイスブックの運営・管理
 



地域の宝発信 委員会(まちづくり)
委員長 木村 有起






事業計画
1. 地域の魅力を発掘
趣旨・目的: 我々が住むこの地域の恵まれた環境の特性をあらためて学び、地域の魅力を発掘する。
方法・手段:1)地域の魅力の発掘を目的とした産業基盤の調査・研究
      2)他LOMとの意見交換

2.地域の「宝」の発
趣旨・目的:発掘した魅力を地域の宝として発信していく事で、地域の更なる発展に貢献する。
方法・手段:1)地域の「宝」発信事業の企画・実施
      2)他LOMとの相互交流事業の企画・実施


地域に求められるリーダー育成 委員会(ひとづくり)
委員長 中村 祐介



1. 地域に求められるリーダーの育成
趣旨・目的:斜里青年会議所に所属する会員として今以上に「帰属意識」の向上を図り、会員個々が地域を牽引するJAYCEEとして我武者羅に行動できる「地域に求められるリーダー」になれるよう事業構築が必要です。また内部だけの効果波及に留まらず地域の若者に対して青年会議所運動の利点・魅力を発信していける人材育成を行います。
方法・手段:1) 異業種交流会の企画・実施
      2) 斜里青年会議所会員としての「帰属意識」強化事業の企画・実施
zzzzzzzzzzzz3) aJCセレモニーの強化・JCセレモニー評価担当制の導入
aaaaaaaaaa 4) 全メンバーが主役となる会員拡大の推進

2. 新入会員の育成
趣旨・目的:LOMの宝である新入会員にJCを楽しむ心構えを持ちながら活動し斜里青年会議所会員としての「帰属 意識」を高めて行きます。また目的を持って活動できるJAYCEEになる為に「何の為に」、「誰の為に」JC運動・活動を行うのかという事を明確に持ってもらいLOMの即戦力となる人材育成を行います。

方法・手段:1)新入会員歓迎会の企画・実施
      2) アカデミー研修塾 出陣式の企画・実施
      3)アカデミー研修塾 出陣式の企画・実施
aaaaaaaaaaa4)JC基礎知識・セレモニー等の修得・実践確認
aaaaaaaaaaa5)LOM・北海道地区協議会各種会議へのオブザーブ参加
aaaaaaaaaaa6)他委員会との意見交換・協力体制の強化
sssssssssssss7)家族親睦会の企画・実施

aaaaaaaaasaa8)理事長塾(札幌 年2回)※5月・11月


    

〒099-4113
北海道斜里郡斜里町本町29-1
片山電気商会ビル2階

TEL (0152)23-5785